投稿一覧

タイゴエナジーが開発した後付型スマートプラットフォーム「TS4-R」。既設案件への取り付けで、従来のモジュールがどのように進化するのか? 効率的な活用方法とメリットを紹介。

既設案件の発電最適化に貢献! TS4-Rの活用メリット

モジュールレベルで発電を最大化するMLPE。PVの先進ソリューションの開発を手がけるタイゴエナジーは、その可能性をさらに拡げる"Flex MLPE"を提案している。あらゆる案件に電子カバーで対応できる、フレキシブルな次世代パワエレとは?

次世代パワエレを加速させる”Flex MLPE”とは

ストリングレベルで太陽光発電システムのMPPT制御を行う、ニプロン製DC-DCコンバータ「PVマキシマイザー」。ストリング診断や蓄電システム構築を含めた、大きな4つの特長とは?

ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」

国内メーカーとして、全国で多くの導入実績を持つニプロンのPVマキシマイザー。個々のストリングに対する遠隔監視や、蓄電システムの利用により、電力のムダをどのように防ぐのか? 活用方法と最適化イメージを図解で紹介。

“PVシステムの最適化”でエネルギーを無駄なく活用!

ストリング単位で発電を制御・監視でき、PVシステム全体の性能を向上させるAmptストリングオプティマイザ。BOSコスト削減や、エネルギーロスの減少にもつながる導入メリットとは?

スマート回線で電力ロス低減! Amptオプティマイザ

今回紹介するのは、アンプトジャパンのストリングオプティマイザ。ルーフトップからメガソーラーまで、太陽光発電システムの最適化を実現してくれる。導入のメリットと一緒にご紹介しよう。

DC/DCコンバータで、ミスマッチ低減とBOSコスト削減の両立が実現!

世界各区に拠点を置き、太陽光の発電量最大化やコスト削減といった、数々のソリューションを提案するアンプトジャパン合同会社。国内外のプロジェクトで多く採用されているが、その代表的な導入事例を紹介。

国内外で広く採用! Amptオプティマイザ導入事例

重大事故に至る可能性がある発電所は多くある。安全対策も含め、世界基準の太陽光発電所にするために何が必要なのか。東芝エネルギーシステムの稲葉氏に聞いた。

マイクロインバータ活用で、万一の事故の被害が最小限に!

太陽光モジュールの低価格化が進むにつれ、発電量のばらつきによる電力損失には、これまで以上に考慮する必要がでてきた。また、海外で進む安全対策にも、日本は後れをとっている。これらの問題の解決策としても、次世代パワエレは有効だという。

低価格モジュールに潜むリスク! 必要な対策は?

2017年第2四半期には、全世界全てのパワコンメーカーでの収益ランキング3位、単相パワコン出荷ランキングで1位に輝いたソーラーエッジテクノロジー。モジュールレベルで発電量を最適化するシステムと、その製品ラインナップをまとめてご紹介。

モジュールレベルで発電量を最大化! 世界標準の最適化システム

1 2 3

アクセスランキング

  1. 低価格モジュールに潜むリスク! 必要な対策は?
  2. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」
  3. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性
  4. 「電力インフラを変えたい」ニプロンが描くビジョン
  5. 発電所がパワーアップ!? 次世代パワエレって一体何? 
  6. マイクロインバータ活用で、万一の事故の被害が最小限に!
  7. DC/DCコンバータで、ミスマッチ低減とBOSコスト削減の両立が実現!
  8. 次世代パワエレを加速させる”Flex MLPE”とは
  9. 既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ

フリーマガジン

「ソーラージャーナル 次世代パワエレ特別号」

¥0
2018年4月発行

アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー