製品

“PVシステムの最適化”でエネルギーを無駄なく活用!

国内メーカーとして、全国で多くの導入実績を持つニプロンのPVマキシマイザー。個々のストリングに対する遠隔監視や、蓄電システムの利用により、電力のムダをどのように防ぐのか? 活用方法と最適化イメージを図解で紹介。

PVマキシマイザーを活用した
システム最適化イメージ

パネルの故障や影、異種パネル混合、パネル向きの不揃いなどによって落ち込んだストリングの電圧を、最大電力動作点を維持したまま昇圧。ストリング間の電圧差を解消し、発電可能なパネルから最大限の電力を取り出すことが可能となる。

ストリングごとのI-V、P-Vなど高精度の監視、診断をリモートで行うことができる「PVガードミャン」の構築も可能。O&Mコストを低減しながら、売電収入の増加を実現する。

蓄電システムの
構築も可能!

蓄電池を導入し、パワコンに対する大幅な過積載を行うことで、設備費や連系負担金を抑えながら、余剰発電分を最大活用して売電収入を増加させる。PVマキシマイザーにより、設置条件の悪い土地にもパネルを敷き詰められるため、造成費用の削減も可能になる。

パネルの増設により、日中の売電量を大幅にUP。蓄電池の最大容量まで充電したタイミングで放電を開始し、余剰発電量を売電。日中の発電が終了した後も、蓄電池の残量がなくなるまで売電し続け、売電収入UPに貢献する。

DATA

株式会社ニプロン

兵庫県尼崎市大浜町2丁目57番地
TEL:06-6430-1101

関連記事

アクセスランキング

  1. 既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ
  2. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性
  3. 世界標準の最適化システム! その効果とは?
  4. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」
  5. 単相パワコン出荷世界1位! ソーラーエッジの実績
  6. 発電ロスをリカバリーする「TS4」導入事例
  7. マイクロインバータ活用で、万一の事故の被害が最小限に!
  8. “PVシステムの最適化”でエネルギーを無駄なく活用!
  9. 次世代パワエレを加速させる”Flex MLPE”とは
  10. スマート回線で電力ロス低減! Amptオプティマイザ

フリーマガジン

「ソーラージャーナル 次世代パワエレ特別号」

¥0
2018年4月発行

アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー