インタビュー

発電量を最大化し投資収益率を向上させる、スマートPVソリューション"Flex MLPE"。モジュールごとのオプティマイジングができるだけでなく、最大の魅力はフレキシブルさにあるという。様々な既設発電所をスマートモジュール化できるシステム「TS4」の強みとは? タイゴエナジー天野氏にお話を伺った。

投資収益率を向上させる最新のPVソリューションとは

兵庫県に本社を構える株式会社ニプロンは、医療機器や産業用コンピュータの製造も手がける電源メーカーだ。クライアントからの一言をきっかけにPV業界へ参入した同社は、再エネの未来をどう描くのか? 本部営業部次長、GPプロジェクトリーダーの鈴木利宏氏に今後の展望を語っていただいた。

「電力インフラを変えたい」ニプロンが描くビジョン

欧州を中心に、海外で重要視されている太陽光発電のリパワリング。経年劣化に応じて設備を見直すことは必要だが、リパワリングを実施する最大のメリットや意義とは? アンプトジャパン合同会社日本支社長・近藤茂樹氏にお話を伺った。

既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ

グローバルに太陽光ビジネスを拡大するだけでなく、HEMSやEVにも応用分野を広げているソーラーエッジテクノロジー。同社でアシスタントディレクター・テクニカルマーケティングを務める永沢氏は、MLPEを「太陽光発電普及の武器」と位置付ける。その理由とは?

設置が難しい場所こそ、MLPEは真価を発揮する!?

重大事故に至る可能性がある発電所は多くある。安全対策も含め、世界基準の太陽光発電所にするために何が必要なのか。東芝エネルギーシステムの稲葉氏に聞いた。

マイクロインバータ活用で、万一の事故の被害が最小限に!

太陽光モジュールの低価格化が進むにつれ、発電量のばらつきによる電力損失には、これまで以上に考慮する必要がでてきた。また、海外で進む安全対策にも、日本は後れをとっている。これらの問題の解決策としても、次世代パワエレは有効だという。

低価格モジュールに潜むリスク! 必要な対策は?

アクセスランキング

  1. マイクロインバータ活用で、万一の事故の被害が最小限に!
  2. 単相パワコン出荷世界1位! ソーラーエッジの実績
  3. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」
  4. 既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ
  5. 低価格モジュールに潜むリスク! 必要な対策は?
  6. DC/DCコンバータで、ミスマッチ低減とBOSコスト削減の両立が実現!
  7. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性
  8. 発電所がパワーアップ!? 次世代パワエレって一体何? 
  9. 国内で実績多数! 「PVマキシマイザー」導入事例
  10. 世界標準の最適化システム! その効果とは?

フリーマガジン

「ソーラージャーナル 次世代パワエレ特別号」

¥0
2018年4月発行

アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー