基礎知識

次世代パワエレ導入で得られる効果とは? 4大メリット紹介!

太陽光発電業界に変革を起こす「次世代パワエレ」。基礎知識2つ目は、ずばり次世代パワエレを使うメリット。導入することで、具体的にどんな利益が期待できるかお伝えしよう。

発電量の向上

経年劣化やモジュール表面の汚れ、電柱の影、モジュール設置角度の違いなど、太陽光発電所でミスマッチが発生する要因は多岐にわたる。モジュールやストリングレベルでのMPPT(最大電力点追従機能)を有する次世代パワエレは、ミスマッチによる電力ロスを大きく低減。それぞれの発電所の状況に合わせた最適な発電状況を実現する。

システム設計自由度の向上

傾斜地でパネルの角度が異なったり、一部のモジュールに影がかかってしまうような土地でも、次世代パワエレがあれば、発電量を最大化することができる。モジュールを敷地いっぱいに設置する、ストリングを構成するパ ネルの枚数を増やす、過積載システムを構築するなど、従来の設計よりも柔軟かつ効率的なシステム設計が可能になる。

監視精度の向上

一般的なパワコンレベルの監視から、モジュールレベル/ストリングレベルでのより詳細な監視が可能になる。不具合を発見する精度が向上し、発電ロスを最小限に抑え、売電収入の向上につながる。長期的な発電量や事業性を考えた時に大きな差が生まれる。

安全性の向上

火災や水害などによって、太陽光パネルの発電をストップすべき状況になった時、一部のパワエレには電流・電圧を即座に低下させる=「ラピッドシャットダウン」という機能が備わっており、消防士などが復旧にあたる際の安全を確保することができる。太陽光発電所の信頼性を高めるために重要なポイントだ。

関連記事

アクセスランキング

  1. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性...
  2. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」...
  3. 既設太陽光に”リパワリング”...
  4. 単相パワコン出荷世界1位! ソーラーエッジの実績...
  5. 発電ロスをリカバリーする「TS4」導入事例...
  6. モジュールレベルで発電量を最大化! 世界標準の最適...

アクセスランキング

  1. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性
  2. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」
  3. 既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ
  4. 単相パワコン出荷世界1位! ソーラーエッジの実績
  5. 発電ロスをリカバリーする「TS4」導入事例
  6. モジュールレベルで発電量を最大化! 世界標準の最適化システム

フリーマガジン

「ソーラージャーナル 次世代パワエレ特別号」

¥0
2018年4月発行

アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー