製品

既設案件の発電最適化に貢献! TS4-Rの活用メリット

タイゴエナジーが開発した後付型スマートプラットフォーム「TS4-R」。既設案件への取り付けで、従来のモジュールがどのように進化するのか? 効率的な活用方法とメリットを紹介。

TS4-Rを用いて
モジュール単位の遠隔監視を実現

TS4-Rは後付型スマートプラットフォームのベースプレートとなる。タイゴエナジーのFlex MLPEは、このベースと各種機能を備えたTS4電子カバーによって構成され、既設の太陽光発電システムにおいて従来モジュールに取り付けられる。これにより従来モジュールが最新のスマートモジュールに変身し、モジュールレベルのオプティマイジング、発電ロスのリカバリーを実現することとなる。

TS4-Rの活用イメージ

タイゴエナジーオリジナルのPV2.0通信バックエンドと連携することで、モジュールレベルの遠隔監視も可能。インターネットを介して、PCやスマートフォンでリアルタイムの情報を得ることができる。

TS4-Rは、ほとんどのすべての結晶系モジュール、各社のパワーコンディショナで使用可能であり、交換・アップグレードも容易だ。各事業者のニーズに柔軟に対応し、最適な次世代パワーエレクトロニクスを形づくる。

DATA

タイゴエナジー

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー4階
TEL:03-6890-3918

関連記事

アクセスランキング

  1. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性
  2. 既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ
  3. モジュールレベルで発電量を最大化! 世界標準の最適化システム
  4. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」
  5. 国内で実績多数! 「PVマキシマイザー」導入事例
  6. 次世代パワエレを加速させる”Flex MLPE”とは
  7. “PVシステムの最適化”でエネルギーを無駄なく活用!
  8. 投資収益率を向上させる最新のPVソリューションとは
  9. 世界標準の最適化システム! その効果とは?
  10. 発電ロスをリカバリーする「TS4」導入事例

フリーマガジン

「ソーラージャーナル 次世代パワエレ特別号」

¥0
2018年4月発行

アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー