基礎知識

O&Mコスト削減のカギは、モニタリング精度にある!

次世代パワエレの導入で、モニタリングの精度は大きく向上する。それによって、発電ロスを低減するだけでなく、メンテナンスコストの低減につなげることができる。

一般的なパワコンレベルの監視の場合、ストリング単位の発電量低下は気づきにくい。モジュール単体の低下であればなおさらだ。 次世代パワエレを導入してストリングレベル、モジュールレベルで発電状況をモニタリングできるようになれば、発電ロスを大幅に低減できる。

さらに、トラブルが発生した際には、事前にトラブルの要因を分析することで、駆けつけ対応の回数を減らし、現場対応の時間を短縮することもできる。メンテナンスコストの低減につながるのだ。

次世代パワエレを活用したモニタリングの簡易イメージ

関連記事

アクセスランキング

  1. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性...
  2. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」...
  3. 既設太陽光に”リパワリング”...
  4. 単相パワコン出荷世界1位! ソーラーエッジの実績...
  5. 発電ロスをリカバリーする「TS4」導入事例...
  6. モジュールレベルで発電量を最大化! 世界標準の最適...

アクセスランキング

  1. 大規模火災に学ぶ「ラピッドシャットダウン」の重要性
  2. ニプロンPVマキシマイザーが誇る「4つの強み」
  3. 既設太陽光に”リパワリング”が必要なワケ
  4. 単相パワコン出荷世界1位! ソーラーエッジの実績
  5. 発電ロスをリカバリーする「TS4」導入事例
  6. モジュールレベルで発電量を最大化! 世界標準の最適化システム

フリーマガジン

「ソーラージャーナル 次世代パワエレ特別号」

¥0
2018年4月発行

アンプトジャパン ソーラーエッジ Tigo 太陽光発電の必需品PVマキシマイザー